Home » miyamoto musashi kanzenban purasu zuihitu miyamoto musashi purasu gorinnosho by Yoshikawa Eiji
miyamoto musashi kanzenban purasu zuihitu miyamoto musashi purasu gorinnosho Yoshikawa Eiji

miyamoto musashi kanzenban purasu zuihitu miyamoto musashi purasu gorinnosho

Yoshikawa Eiji

Published
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

本書は吉川英治代表作である『宮本武蔵』を電子書籍化したものです。昭和一〇年から一四年まで朝日新聞に連載され、戦国末期から徳川幕府揺籃期に活躍した剣豪宮本武蔵の成長を描いた大作です。大衆小説、国民文学の金字塔です。テキストは吉川英治歴史時代文庫に準拠し、七つある各巻ごとに表紙をつけて区切って作成しています。——「地の巻」はプロローグともいうべきもの。西軍の浮田(宇喜田)陣営にいた武蔵は関ヶ原の戦いで落武者となります。辛くも故郷美作に帰るものの、国境を破ってお尋ね者となり、More 本書は吉川英治代表作である『宮本武蔵』を電子書籍化したものです。昭和一〇年から一四年まで朝日新聞に連載され、戦国末期から徳川幕府揺籃期に活躍した剣豪宮本武蔵の成長を描いた大作です。大衆小説、国民文学の金字塔です。テキストは吉川英治歴史時代文庫に準拠し、七つある各巻ごとに表紙をつけて区切って作成しています。 ——「地の巻」はプロローグともいうべきもの。西軍の浮田(宇喜田)陣営にいた武蔵は関ヶ原の戦いで落武者となります。辛くも故郷美作に帰るものの、国境を破ってお尋ね者となり、禅僧の沢庵に捕まってしまう武蔵。姫路城に三年籠ったあと剣の道を目指します。 「水の巻」〜「風の巻」は京都を中心に上方が舞台。武蔵は足利将軍家の剣術師範をつとめていた吉岡道場を訪れるものの騙し討ちに合ってしまいます。先に逃げ出していた武蔵は奈良の柳生家、伊勢を経て京都に戻り、吉岡一門と対決します。 「空の巻」〜「円明の巻」は江戸を中心に物語が進みます。佐々木小次郎が細川家に仕官するなか、武蔵は徳川幕府の剣術指南に推挙されます。その後、武蔵は江戸を離れ、川越や岡崎をへて京都に戻り、小次郎からの果たし状を受け取Ӛ